Skip to content

Monthly Archives: 7月 2013

姉ちゃんは中二病 サブタイトル没案を紹介します。

 タイトルは「姉ちゃんは中二病」のままでいくこととなりまして、まぁその理由としてはすでにこのタイトルでそこそこの知名度があるから。が主な理由となります。
 ですが、このタイトルのままですと内容が今一わかりにくい。
 ということもありましてサブタイトルをつけることになりました。
 つまり、

「姉ちゃんは中二病 1 ~ほにゃららほにゃらら~」

 のような感じですね。ほにゃららほにゃららの部分をなんか決めよう。
 そういうわけです。
 
 とりあえずなんでもいいから出してみよう! ということで数だけは適当に上げてみましたw
 その後担当さんと相談した上で決まったのですが、なんとなくもったいない気もしましたので枯れ木も山の賑わいといいますか、ちょっと紹介してみます。
 あ、本決まり案についてはそのうち発表されますのでもうしばらくお待ちください。

●姉ちゃん視点編

・意外に思うかもしれないけど太陽光が平気な吸血鬼は珍しくないわ! ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』に影響を与えたとされるレ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』の時点で弱点じゃないんだから! つまり陽光の下でのほほんとしている吸血鬼がいても全然不思議じゃないってことなの! 編

・陽光の下でのほほんとしている吸血鬼がいても全然不思議じゃないわ! 『吸血鬼ドラキュラ』に影響を与えたとされる『吸血鬼カーミラ』の時点で弱点じゃないんだから! 編

・弟が殺人鬼や吸血鬼といちゃいちゃしてるってどういうこと!? 姉はヒロインじゃないっていうの? 編

 没理由:長すぎw

 ……これ採用されてたらラノベ一長いタイトルってことになったと思うw

●ちょっと短くした編

・睦子姉さんのライフハック!

・むつこメソッド! 最強の作り方

・坂木睦子の魔改造

・坂木睦子の確信

・殺人鬼と吸血鬼

・姉はヒロインに含まれません

・姉はヒロインじゃないって言うの!?

・ヒロインは吸血鬼ってどういうこと!?

・ヒロインは吸血鬼

・姉じゃなくて吸血鬼がヒロインってどういうこと!?

・睦子のとっておきレシピ 最強弟の作り方

 没理由:悪くはないけど時間があるのでもう少し考えてみましょう。

●タイトルとつなげてみた編

・姉ちゃんは中二病 なことが役に立つとはまさか思っていなかった。

・姉ちゃんは中二病 ですがなにか!?

・姉ちゃんは中二病 かもしれない。

・姉ちゃんは中二病 より奇妙な何かだと思う。

・姉ちゃんは中二病 なのと俺の魔眼は何か関係があるのだろうか?

・姉ちゃんは中二病 なだけだと思ってたら世の中はもっとおかしかった。

 没理由:悪くはないけど、あまりキレがない? 中二っぽさ、弟が主人公であることなども提示できれば。

●雄一視点な感じで

・万能の姉と最強の弟。あと、吸血鬼と殺人鬼。

・って、魔眼に目覚めるのは弟の俺かよ!?

・だけど、なんで弟の俺が魔眼に目覚めてんの?

・俺が魔眼なんかに目覚めたのは姉ちゃんのせいに違いない!

・VS殺人鬼……って対決すんの弟の俺!?

・魔改造って弟に対してするもんじゃないと思うんだが!

・たとえ地上最強だったとしても、弟は姉に逆らえない(T_T)

・地上最強の弟……なんてものを強要されたらどうしたらいいと思う?

・機械仕掛の神(デウス・エクス・マキナ)って知ってる? うん、多分姉ちゃんがそれなんだ。

没理由:……は特になくて、このあたりで決定しました。

 と、まぁいろいろあげましたが、全て没ネタですので最終的にはこれらを参考にして決めた感じのものとなります。
 
 ……うーん、これは2巻からも苦労しそうな気が……。


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

「ヘルプリンセスと王統の召喚師」が発売されますよ-!

hontoネットストア

Amazon

ヘルプリンセスと王統(ソロモン)の召喚師 (HJ文庫) ヘルプリンセスと王統(ソロモン)の召喚師 (HJ文庫)
百瀬ヨルカ,空維深夜

ホビージャパン 2013-08-01
売り上げランキング : 10029

Amazonで詳しく見る by AZlink

あらすじ:
 さらわれた妹を取り戻すため、魔神召喚を行った召喚師ソナ。現れた女公爵はグレモリーになって3年の新米魔神で、まだ17歳のモールチェだった。彼女の天然ぶりに振り回されながらも、妹をさらった大魔術師ハンバートの居城を目指す。高い戦闘力を持つ魔神マルコシアスとも合流し、三人は貧乏貴族の三姉妹に変装しての潜入&救出作戦を開始した!

 と、いうわけでして私と同期というのでしょうか? 第7回HJ文庫大賞銀賞を受賞された百瀬ヨルカさんの「ヘルプリンセスと王統の召喚師」が発売されます!

 あらすじを見た感じだと女性向けみたいなイメージがなんとなくしますが、作者の百瀬さんは女性の方です。

 特設ページはこちらです。ちょこっと立ち読みで冒頭が読めますので興味をもたれましたら、是非どうぞ!


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

スパムコメントが多くなってきたので画像認証を導入しました。

 一応URLが含まれるコメントは表示を保留するという設定でスパムが画面に表示されないようにはしていたのですが、それにしても結局はコメント欄にスパムが溜まっていって鬱陶しいですので、コメントをしてくださる方には不便かとは思うのですが画像認証を導入しました。
 単純な自動巡回プログラムみたいな奴が相手ならそこそこ効果はあるかな、と思います。

 つか、こんなアクセスのないブログをターゲットにすんなよな……。

 それだけじゃなんですので、今後の予定ですが「姉ちゃんは中二病」のカバーイラストが発表されたあたりで販促用小話でもなろうにアップしようかな、と思っています。(話の中でイラストに言及しているので)
 えぇ、運営に問い合わせた結果これなら大丈夫だろう、という内容のものですw


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

れポたま! さんに授賞式のレポートが掲載されました。

 http://repotama.com/2013/07/58214/

 ……こっちの方は写真が大きいな。で、相変わらずネクタイは光り輝いている。
 で、俺だけ言ってることが全然違うw
 もうちょっと新人らしいこと言っとけばよかったような気もする。まぁ多少うけたのでよかったんですがw

 8月31日発売らしいんですが、作業はまだやっております。
 今はちょっとページ数調整のために文意は変えずにちょっと削って減らすようなことを……。
 なんか製本の都合上で切りのいい枚数があるらしいんですよね。それを超えると一気にページ数が増えてしまってあとがきを16枚とか書くはめに……。

 くだらないことをぐだぐだ書けば16枚ぐらい書けないこともないですが、小説の後ろに長々とあとがきが載っているのもいやなので、素直に削っております、はい。

 でも、あとがきを書くようなことになるとは思ってませんでしたね。なんかぐっとラノベ作家っぽい気分になりますねw


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

「姉ちゃんは中二病」が8月31日に発売されます!

 今朝、まんが王さんのツイッターで情報が流れてました。
 で、確認してみたところまんが王さんでは予約が開始されてましたのでご報告です。

タイトル:姉ちゃんは中二病
作者:藤孝剛志
イラスト:An2A
ジャンル:文庫
JAN/ISBN:9784798606682
出版社:ホビージャパン
レーベル:HJ文庫
発売日:2013-08-31
予価:650円(本体619円)

 http://www.mangaoh.co.jp/catalog/327865/

 てな感じです。
 amazonとかhontoで予約出来るのはまだ先のようですねー。

 で、イラストはAn2Aさんです。pixivを見てもらったらわかるように凄く上手い方ですのでイラストの公開を楽しみにお待ちください!
 http://www.pixiv.net/member.php?id=173876


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

インタビュー

 インタビューに答えました!
 って、別にHJ文庫大賞で賞を獲ったから! とかいうことではなくて「小説家になろう」のヘビーユーザーの一人としてって感じです。(最近はあまりなろう読めてないんですけどね……)

 敷居さんの同人誌に載ります。

・日時:夏コミ2日目 8月11日(日)
・スペース:東O 49-b「サークル敷居亭」

タイトルは『敷居の部屋の最前線-Front Line-』
 110ページの横書き文章同人誌
 価格:未定
 だそうです。
 詳しくはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/sikii_j/20130717/p1

 私以外にも凄い人達のインタビューが載ってますので夏コミ行かれるかたは是非どうぞ!

 インタビューは色々と面白かったのですが、表に出すわけにはいかないネタが多すぎましたw


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

授賞式のプレスリリース

 いつのまにやら授賞式のプレスリリースが出ていました。

http://www.dreamnews.jp/press/0000077350/

 写真小さくて誰が誰だかわかんないですねw
 まぁ安心したというかなんというか。一応美容院に行ったりはしたんですが……。

 あと、光沢のあるピンクのネクタイは写真だとわかりづらいですね。
 目立つなら赤とかそんなんの方がいいかもしれません。

 髪型も立たせるとかしないと遠目ではよくわかんないですね。

 ……ってまぁ今更ですが。ですので授賞式とかで写真に撮られる機会がありそうな人は参考にしてください。

 あと、若干斜めになってる気がするのは、悠木碧さんのオーラに押されたのだと思います。

 ……声優さんの隣で写真撮ってもらうなんてもうないだろうなぁw

 あと、あらすじのキャラの名前が違ってますね……武内奈月が竹内奈月になってるという……。
 


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

サイン

 ころみごや先生作「時の悪魔と三つの物語」をお土産で貰いました。
 そのため二次会に来ていた人は全員が本を持っている状態ということで、ころみごや先生はサイン責めにあっていましたw

 で、まぁ一応私もサインを求められる機会があるかもしれないなぁ、ということでサインを考えようかと思ったのですが……。

 サインってそんなんどうやって作ってるんだろう?

 あれだろ、なんかぐちゃっとしたなんて書いてるんだかわかんねーよ! みたいなやつでしょ?

 ……普通に書けばいいのかな……。

 まぁ、母がなぜか練習していたサインがあったりするのでそれをベースにするとか……。

 サインの上手いデザイン方とか知ってる方おられたら教えてください。

 ちなみにこちらが、ころみごや先生のサインです。

2013-07-08 22.07.37

 


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

名刺ふたたび

 色々な作家の方の名刺を頂いてきました!
 ですのでそれを参考に次のバージョンの名刺を作成しようかと思います。

●肩書き
 付けておられる方が多いですね。そりゃそうです。何もないと何者かがわかりませんw
 次のような肩書きがありました。

・物書き
・作家
・ライトノベル作家
・文筆業
・文筆家
・小説家
・ライター

●他に載せている情報
 携帯電話番号ぐらいまでを載せている方は結構おられますね。中には自宅住所らしきものを載せておられる方もおられましたが、さすがにそれはちょっと怖いかなぁという気もしました。
 受賞作家の方はどの賞を獲ったかや、著作名を載せておられる方もおられました。

 ですので次のバージョンでは
・肩書き
・携帯番号
・本が出たら著作名
 ぐらいを載せようかな、と考えていまして、デザインを検討中です。


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

「姉ちゃんは中二病」について

 夏頃出版ってもう夏だろ? いつだよ!
 という声がちらほらと聞こえてくるようになってきてますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 えーと、コメントでもいただいていますが、来年の夏とかいうことではありません。
 なにかよほどのことでもない限りは今年出るはずですw

 で、現在のところ発売日について公開してよいとは聞いておりませんのではっきりと、いつということは言えませんが……。
 現在の所HJ文庫の発売予定は8月までは公開されていましてそこに「姉ちゃんは中二病」の名前がないことからそれ以降。とは言えると思います。もうしばらくお待ちください。

 で、今少しタイトルで悩んでいます。

「姉ちゃんは中二病」

 まぁ、わかりやすいと言えばわかりやすいですし、このタイトルがある程度広まってはいますのでいいのかもしれませんが、もう少しキャッチーで売れそうな名前はないかなぁ、とそう考えています。

 案としては、「姉ちゃんは中二病」はそのままで少し付け足すというものです。

「姉ちゃんは中二病 ―ゆうくんかっこいい―」

 のような感じですね(あくまで例ですよw)

 もう一つはいっそのことまるっきり変えてみる。というものです。
 このタイトルは二つの要素から成り立っています。
・姉ちゃん
・中二病
 ですが、この二つとも今のラノベの主流から外れているのではないか? そうも思うのです。
 まず、姉ちゃんですが、姉ヒロインもの(厳密にいえば話自体はそうではないんですが)というのはあまり例がなさそうでして、人気もなさそうです。妹はみんな好きそうですけどね。
 次に中二病。これがまぁ、昨今ありふれちゃってるんですよね。
・中二病でも恋がしたい!
・俺達の中二病はまだ始まったばかりだ!
・ウチの彼女が中二で困ってます。
 ……といろいろありますし、タイトルに中二が含まれてなくても、黒歴史やらを扱ってるものはたくさんあります。
 このタイトルですと「またあれだろ、黒歴史をネタに脅されたり、もんどりうったりするとかそんなんだろ」と思われてしまうかもしれません。

 と、まぁいまだにタイトルについては考えているのです。

 ま、こんなこと書いちゃってるのは、何かいいネタあったら教えてくれないかなぁ、と思ってのことでしてですね……。
 えーと、何かありましたらよろしくお願いします。


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村
HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com
Top